FC2ブログ

                                恵比寿の眼鏡店【Continuer(コンティニュエ)】のオフィシャルブログです。ショップの最新情報をお伝えしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

産地巡礼 ~アトリエ訪問~   Vol.1

この場を借りて・Twitter Follow us !! >>> @Continuer_ebisu


産地巡礼 ~アトリエ訪問~


2月におこなった社員研修(星のや 軽井沢)に続いて、新たに研修旅行を企画。
今回はコンティニュエで取り扱っている日本のブランドのアトリエを訪れるという内容です。

世界的な眼鏡産地として知られる福井県・鯖江市を中心とした工場見学と
取り扱いブランドであるYELLOWS PLUS(イエローズ プラス)の山岸さん、
Arumamika(アルマミカ)の今村さんご夫婦のアトリエにお邪魔しました。
また、少し場所を移動して名古屋・清須市の“12”home made(トゥエルブ ホームメイド)の
土屋さんのアトリエにも伺いました。

東京での展示会や恵比寿のお店で会う機会は多いのですが、
彼らのホームグラウンドに行くのは約3年ぶりの事。
アトリエもそれぞれリニューアルされているとか。
春の展示会が終わり、次のコレクションに向けて準備をなさっている時期。
いろいろなお話を聞けるのではと胸を躍らせながら、一路福井へ出発しました。





■出発(6月28日)

梅雨の真っ只中とは思えない快晴の中、東海道新幹線、北陸本線を乗り継いで
眼鏡の産地、福井県鯖江市に到着。
初日は、YELLOWS PLUSのデザイナーでもある代表の山岸稔明さんに案内していただき
鯖江の工場と眼鏡資料館、そしてご自身のアトリエにもお邪魔することに。

社員研修‐産地巡礼





























■FACTORY

最初に訪れたのは『株式会社マックス』さん。
株式会社マックスさんは主に眼鏡用の金型や部品製造を行う会社で、
イエローズ プラスの代表的なシリーズであるシートメタルの製造を行っている工場です。

中林裕忠社長に製作工程をご教示いただきました。
一つの形を作るのにも、幾つもの金型を使ってその形が生まれていきます。
分厚いチタンシートをプレス機で削りぬいて作られるシートメタルフレームですが、
こんなにも沢山の工程を経て出来上がるのは知識としては知ってはいましたが…
“百聞は一見にしかず”とはまさにこの事。圧巻でした。

社員研修‐産地巡礼-1















硬度のチタン素材を成型するにあたり高圧のプレス機によって何度も形を整えていく工程は、少しのズレが商品としての価値を無くしてしまう大変神経を使う繊細な作業。最新のマシーンだけではなく、それらを扱う熟練の技術者がいてこそ、高いクォリティーが保たれているのだと改めて感じました。写真はNGでお見せすることができませんが、工場内は整然と並んだマシーンと技術者が作り出すピリッとした緊張感と活気が共存する何とも不思議な空気が流れていました。








■“MEGANE MUSEUM”

社員研修‐産地巡礼-2

























次に訪れたのは「MEGANE MUSEUM」。
社団法人福井眼鏡協会が運営するこちらの施設は2010年に前身の「めがね会館」をリニューアルして
作られた眼鏡の歴史的資料が集まるミュージアムです。
1階には福井県産のブランドフレームが集まるアンテナショップを併設。

休館日にも関わらず、親切丁寧にご案内くださった福井眼鏡工業組合専務理事の坂野 喜一さま、
本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

博物館には江戸時代から昭和初期までの歴史的にも大変珍しい眼鏡フレームが展示されていました。
時代の変化と共に産業として大きく成長していく様子を、商品を通して見ることができる大変貴重な場所。
目を見張るようなきめ細やかなディテールや作り込みは、全てハンドクラフトによって作られており、
現代の技術にも勝るとも劣らない、大変美しい仕上がりでした。
これらは現代の製造工程や仕組み、あるいは価値観には収めることのできない「その時代」の中で生まれた
逸品といえるでしょう。まさに「ディテールに凝った作り」とはこれらのことだと痛感させられました。

展示されているその多くは昨年より改めて注目されている丸いレンズのラウンド型の眼鏡です。
眼鏡の長い歴史の中においてはこの形が原型であり、また定番のデザインだったのでしょう。
近年のトレンドであるウェリントン型もクラシカルなデザインの一つですが、
ミュージアム内を見る限りはそれらもまだまだ若いデザインなのかと感じさせられました(笑)
歴史あるラウンド型の奥深さに敬愛!


社員研修‐産地巡礼-15
社員研修‐産地巡礼-14
社員研修‐産地巡礼‐16
社員研修‐産地巡礼-19
社員研修‐産地巡礼-18
社員研修‐産地巡礼-17




















エントランスには、福井眼鏡産業の生みの親ともいえる
増永眼鏡株式会社の創設者である増永五左エ門さんの銅像が。
ご利益があるのか来館するほとんどの方が頭をなでていくとか…良い感じに光っていました(笑)

ちなみに増永眼鏡には現社長である増永悟様のご厚意で
今回特別に工場見学をさせてもらうことになりました。そちらの様子はまた別の回で。

社員研修‐産地巡礼-4















余談ですが、ミュージアム内には吉田茂元総理大臣をはじめ、石原裕次郎さん、北島三郎さん、美空ひばりさん、横山やすしさんの愛用眼鏡・サングラスも展示されていました。行く機会がありましたら是非話のネタにご覧になってみてはいかがでしょう(笑)

社員研修‐産地巡礼-3




















ミュージアムを後にし、山岸さんのアトリエにお邪魔します。
車の移動中、鯖江駅の北側にある西山公園を通過。

社員研修‐産地巡礼-5














西山公園は市の花である「つつじ」が敷地一面に植えられている公園。
3年前に訪れた時はちょうど花が咲き誇る4月で、公園内が赤やピンクの花で彩られていた事を懐かしく思い出しました。今は花も落ち、夏に向けて緑が日々濃くなっているようです。
満開の時はこんな感じです。鯖江市ホームページより 
http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=5081






■YELLOWS PLUS

いよいよイエローズ プラスのアトリエに到着。
アトリエは、自宅母屋の隣にある古い倉庫を改装して作られた広々とした空間
手入れのいきとどいた味のあるフローリングと懐かしさを感じる鉄の窓枠が
クラシックデザインを得意とする山岸さんのアトリエにぴったりのシュチュエーションでした。

1階は現在倉庫として使用していますが、ゆくゆくはコレクションを展示するギャラリーにしたいとの事で、
形になる日が楽しみです。

当日は、春の展示会で発表していた新作が工場から入荷していてアトリエ内に山積み状態。
写真左はアシスタントの松田さん。発送準備や問い合わせなど大忙しでした。


山岸さんの電話も鳴りっぱなし状態。

社員研修‐産地巡礼-6



































仕事も落ち着きほっと一息の山岸さんとContinuer嶋崎。
社員研修‐産地巡礼-7






























イエローズ プラスを立ち上げるずっと前のコレクションを見せていただきました。
写真はその中でも目を引いた折りたたみのサーモントフレーム。
金属部分にはサンプラチナを使用し、ブリッジ部分に施された折り畳みのギミックは
とても凝った仕様となっています。
その他今見ても面白いフレームばかりで童心かえったように食い入って見てしましました。

社員研修‐産地巡礼-8

















山岸さんにはお忙しい中、丸一日お付き合いいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
アトリエ訪問を一番の目的としていた我々にとっては、今のコレクションだけではなく、過去のコレクションやそれにまつわるお話を聞けたことにより、イエローズ プラスのルーツを探っているような気分でとても楽しく、そして大変興味深いものでした。
また、眼鏡作りに対して誠実に取り組んでいる山岸さんの仕事に対する姿勢が、イエローズ プラスの美しいデザインを作り上げているのだと再確認できた今回のアトリエ訪問でした。










■Restaurant “osteria salsa”


夕刻の頃。日中の初夏を思わせる天候から一転、今が梅雨だということを思い出させてくれる大雨。

初日の大きな目的であったイエローズ プラスのアトリエ訪問を終え、翌日の方訪問先でもある
アルマミカデザインの今村さんご夫婦と合流して一緒に夕食へ行くことに。

夕食は今村さんご夫婦お気に入りのイタリアンレストラン
「osteria salsa オステリア サルサ」へ。
こちらは山岸さんもお気に入りのお店で、店に併設した本格的な石窯で焼かれたピザが絶品でした。

社員研修‐産地巡礼-10
社員研修‐産地巡礼-9















左手前はContinuer嶋崎、奥はYELLOWS PLUS山岸さん
右側手前はArumamika今村信一さん、その奥がデザイナーの美佳さん

社員研修‐産地巡礼-11
社員研修‐地巡礼-12
社員研修‐産地巡礼-13















人生論も飛び出した熱い夜でした!




 つづく。






Continuer(コンティニュエ)
渋谷区恵比寿南2-9-2カルム恵比寿1F
Tel: 03-3792-8978

mail: info@continuer.jp
MAP
Web : http://www.continuer.jp/
OPEN 12:00‐21:00
CLOSED 毎週水曜


Twitter公式アカウント: @Continuer_ebisu




【What is Continuer?】
【Continuer(コンティニュエ)】は恵比寿南にあるメガネやサングラスを中心に取り扱う
セレクトショップです。お客様とのコミュニケーションを大切にアイウェア選びの
お手伝いをしています。商品は国内外のメゾンで丁寧に作られたアイウェアをセレクト。
その他、周辺小物のアクセサリーや、靴下・マフラー・バッグなど、毎日の生活が楽しくなる
アイテムも多数取り揃えています。


【取扱ブランド】
オリバー ゴールドスミス(イギリス)、イエローズ プラス(日本)、ライツ(ドイツ)、
アルマミカ(日本)、オリバー ピープルズ(アメリカ)、デローム・ブレナー(フランス)、
エナ・エナロイド(日本)、マイキータ(ドイツ)、メイマ(フランス)、ボーソレイユ(フランス)、
アレック ポール(イタリア)、オルグリーン(デンマーク)、ウォルフガング プロクシュ(ドイツ)、
セリマ(アメリカ)、フィクション バイ エルエイ アイワークス(アメリカ)、トム フォード、
ミシェル エノウ(ベルギー)ets.




  1. 2011/07/06(水) 13:55:16|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。